史上最大の第57回コミケット大感謝祭OFF

[戻る]


概要について

 冬の風物詩、冬コミ(違
 今まで参加したこともない僕が、突然参加することになりました
 (一般参加ではありますが) そしてその後に開かれた、オフ会のレポートです
 場所は東京、日時は1999年12月25−26日でした。


 ども、ファンゴルンです〜。

「あしすたんとのしっぽ真琴よぅ……で、これはなんなの?」

 いや、冬コミのオフレポだけど。

「ねぇ、この前、関西オフのやつ、書かなかった?」

 うん、書いたよ。簡略版だけどね。

「なんでそれより後に、去年のを書くのよぅ」

 うぐぅ、やっぱり突っ込まれたか(^^;;
 いやまぁ、なんといいますか、善処した結果、このような結果に終わったことは、
当方といたしましてもまことに遺憾であり……。

「ごまかさないでっ!」

 うう、つまり、ごめんなさいっ!

「あぅー、最初から謝ればいいのよぅ」


●12/23夜 幻楼斎さんを出迎えよう

 冬コミは12/24ー26っていう日程で行われるんだけど、1日目にゲーム関
係のブースが出展されたんだ。
 でも、12/24は金曜日、普通の会社員には出席できない……っていうんで、
何か買いたい物がある人は、24日に参加する、って人に頼んでたんだ。

「それが、23日に幻楼斎さんを秋葉原に出迎えるのとどういう関係があるの?」

 いやそれが色々あってねぇ(笑)
 まず、24日の出物に、琴音ちゃんの抱き枕、ってのがあったんだ。

「抱き枕ってあの抱きつく枕でしょ? それの……琴音ちゃん?」

 うん、ToHeartの琴音ちゃんが印刷されてるの。
 だから、まるで琴音ちゃんに抱きついて寝てるようなイメージが……。

「あぅー、かんちゃん、そんなのが嬉しいのぉ?」

 僕じゃないもん。欲しがったのは来栖さんだもん。
 でも来栖さん、お金がないってことで。
 で、そのお金を立て替える、って、かるさんや僕が言い出してねぇ。
 お金を渡すために、23日に秋葉原で幻楼斎さんに会う、ってことになったんだ。

「そんなことがあったのねぇ。でも来栖さんも凄いわねぇ、みおちゃんとかいるの
に……」

 まぁ来栖さん、うけるために身を削る人だから(笑)
 で、23日の夜、秋葉原に集合して、幻楼斎さんと待ち合わせ、と。

「そのまま飲みに行っちゃったのよねぇ。お金、渡すだけにすればいいのに……」

 だってねぇ。
 やっぱり集まったら、お酒飲むでしょ(笑)
 秋葉原のチムニーって居酒屋で飲んでました。
 これが奥まった部屋に通されて。いかにも壊れてください、って感じだったね。

「さすが秋葉原の店員さんよね。きっと『おーら』が見えたのよぅ」

 あはは、そうかも(笑)
 実際、妖しい会話を繰り広げていたからなぁ(爆)

「あれ? そういえば誰がいたんだっけ?」

 それがねぇ(^^;; 幻楼斎さん、かるさん、来栖さん、D2さんまでは覚えてるん
だけど……。
 あと他に誰か、いたようないなかったような(^^;;;

「あぅー、年ねぇ……。一月前のこと、忘れちゃうなんて」

 うぐぅ、ほっといて(涙)


●12/24昼 やっぱり名札はあった方がいいよね

 で、時間はとんで24日。

「昼間……って、会社でしょ?」

 うん、会社。
 いつも通り、会社でチャットに入ってたんだけど(爆)、そこで名札があった方が
いいんじゃないか、ってことになってね。

「なんでぇ? 今までそんなの、作ってなかったじゃないよぅ」

 ほら、今回は何しろ、40人って大人数だし。
 人によっては、いきなり知らない人が39人もいるってことになるし。
 でも名前はチャットで知ってるはずだから、名札があった方が馴染みやすい、
ってことになってね。

「ふーん。それで24日、名札と、各自の名前を印刷した紙を持って帰ってきたの
ね」

 うん。名札そのものは会社のそばの文具やで売ってたし、名前の印刷は会社で出来
たけど、さすがにそれを組み立てる作業が会社ではできなくて(^^;;

「あぅ、目立つもんね、そんなことやったら」

 いや、仕事中におもむろに名札を買いに出てる時点で、十分に目立ってるんだけ
どね(^^;;;

「あぅー、他の人に任せばよかったのにぃ」

 だってこの作業そのものには慣れてるから(笑)
 昔はよくこうやって、オフ会の度に名札を作ったもんなんだよ。


●12/24夜 この集団はやっぱり……

 そうそう、直接オフとは関係ないんだけど、24日の夜にこんなことがあったん
だよ。

「そういえば、ちょっと帰るの、遅かったわよね」

 うん、まぁいつも通り会社帰りに新宿に寄ってたんだ。

「あぅー、明日オフ会だっていうのに……」

 いやほら、regretっていうCDが発売されるっていうんで、それを新宿のGAMERS
まで買いに行ったんだよ。
 なんとか閉店時間前ギリギリに滑り込んで買えたんだけど、その後、店の下の
ゲーセンに行ったら、いかにも、な集団がいてねぇ。

「あぅ? いかにも……ってどういうこと?」

 まず、やけにヨレヨレした服に、でかいバッグを抱えた男たち。
 いかにも、何かの目的のために、生活費を削って東京に来ました、って感じで
ねぇ。

「……それが、コミケに来た人たちだっていうの? 考え過ぎよぅ」

 そうかな?
 では次。
 ちょっと小綺麗な……でもどこか普通とずれた格好をした娘さんたちの集団。

「ずれた……ってどういうことよぅ」

 うーん、説明できないんだよ、僕も女性のファッションなんて詳しくないし。
 でも普通の娘さんが、スパッツにひらスカはいてDDRを踊る、なんて真似はし
ないと思うぞ。やっぱり。

「……あぅー、漢チャには喜ぶ人が多そうねぇ」

 まぁそういう集団を見かけた、ってことかな。


●12/25朝 お約束? チャットで決められる行動予定

 そういえば、25日に地方から人が集まってくる、っていうのに、全然予定が立っ
てなかったんだよなぁ。

「そうだったねぇ。で、どうしよう、ってチャットに入ったのよね」

 そうそう。そしたらD2さんが丁度いて。
 とにかく、D2さんが主星さんを羽田空港まで迎えに行く、っていうんでその場
でその後どうするか決めたんだ。

 まずD2さんが主星さんを確保。
 その後どこかで待ち合わせて遊ぶ、と。
 午後6時ぐらいに来栖さんと待ち合わせ。
 そのあと、毎度お馴染み石焼きビール苑で焼き肉食べ放題。
 来栖さんの家にそのままなだれ込んで、他の人が来るのを待つ。
 こんな感じだっけ?

「あぅー、えーと、うん、そんな感じだったわよぅ。実際にはいきなり問題が起き
たけど」

 そうそう。
 チャットを落ちた後、いきなりD2さんから電話がかかってきて。
 主星さんが『成田空港』に到着した、っていうんだよねぇ。あれはビックリした
よ。

「普通は、国内のが羽田空港で、外国のが成田空港、だったっけ?」

 そうなんだよ。だからてっきり羽田に着くもんだと思ってたんだけど……いやぁ、
意表をつかれたねぇ。
 それでも成田まで迎えに行ったD2さん、お疲れさまでした、だよぅ。


●12/25昼 再会! 主星さん

 それで、結局……何時に集合したんだっけ(^^;;
 横浜に行ったのは覚えてるんだけど……。

「あぅーっ、忘れたのぉ? 3時よぅ……確か」

 そだっけ?(^^;;
 とにかく、横浜で主星さん、D2さん、来栖さんと集合した、と。
 あとは例によって、ゲーマーズに行ってそれらしいグッズを探してみたり、クレー
プを食べてみたり、ゲーセンでDDRに興じてみたり、と。

「なんかいつも通りねぇ」

 まぁ今更変わるわけもないし(笑)
 ……でも行動がいつも通りすぎて、特に書くこと、ないなぁ(爆)

「主星さん、疲れてたわねぇ」

 あ、そうだった……けどまぁ、北海道から旅してくればあんなもんだって。
 で、そうこうしてるうちに、バトマコさんも合流して、さらにゲーセンで遊んで、
と。


●12/25夜 またまた来栖さんの家へ

 その後も予定通り、かな。
 歩いて来栖さんの家まで移動して、そこから車で石焼きビール苑へ、と。

「またたくさん食べたわねぇ」

 食べれるときには食べる、と。
 途中、小比塚さんから電話がかかってきたり、とか色々あったはずだけど……やっ
ぱり覚えてない(^^;;

 そのあと、来栖さんの家に戻って、みんなが来るのを待ったんだよなぁ。

「凄い状況だったのよねぇ」

 うん。来栖さんの部屋じゃあ容量不足だっていうんで、リビングを開放してもらっ
てたんだけど……、ファミコンを持ってきて懐かしゲーを始めるし、LFTCGは始まる
し、コタツの上でノートパソコンでゲームする人はいるし、コタツで寝る人はいる
し……。

「でもかんちゃん、一人で来栖さんの部屋で寝てたのよね(笑)」

 うん、体力温存のためね(笑)
 でもよく眠れなかったよ。やっぱり枕が変わるとダメなのかねぇ。

 そうそう。で、初めて苦悩者さんとお会いしたんだけど……。

「そういえば、イメージと違う、って言ってたわねぇ」

 そうなんだよぅ。
 主星さんの時にもそういう感想を持ったけど。
 で、最終的な結論。
 文章から受ける体格的な印象は、丁度苦悩者さんと主星さんを逆転させたような
感じだ。

「あぅ? どういうこと?」

 僕が苦悩者さんのSSから受けた苦悩者さんのイメージは、丁度主星さんのよう
な体格。逆もそう。

「あぅー、ずいぶんと失礼なこと、言ってない?」

 ……これは僕だけの意見じゃないぞ。
 他の人も、結構そう感じたみたい。


●12/26早朝 出発、目指せ東京ビッグサイト

 さて、ここで大きく予定が変わったんだよな。

「そうそう。かんちゃん、特に朝並ばなくてもいいから、って遅く出発するつもり
だったのよね」

 そう。でも賛同者が一人もいなくて、結局僕も朝早くから出発することになっ
ちゃったんだよぅ。
 結局総勢……何人だ? 11人? 12人?
 とにかくたくさん集まって、朝の4時半過ぎには来栖さんの家を出て、東京ビッ
グサイトを目指した、と。

「えーと、まず東京駅に行ったのよね」

 そうそう。で、そこから臨時バスに乗り換えて、ビックサイトへ。
 もうこの時点で僕は驚いてたよ。

「あぅ、真琴も。人が凄かったのよねぇ」

 そう。明らかに常人と違うオーラを放つ……っていうか非常に馴染む雰囲気を持っ
た人たちがたくさん……。
 でもこれは始まりでしかなかった……。

「そうねぇ。実際にビッグサイトにバスが着くと……」

 一体どうやって集まったんだっ、と言いたくなるほどの人間が既に集結してたん
だもんねぇ。
 この時点で……6時頃?

「あぅ……これが徹夜組なのかなぁ?」

 なのかねぇ。
 人のことは言えないけど……こんな事に労力使って楽しいのかなぁ。

「あぅー、ホントに人のこと、言えないわよぅ。50歩100歩よぅ」

 うぐぅ(^^;;


●12/26朝 並びましょう、待ちましょう。

 で、これから開演までの4時間を、延々と座って待つことになったわけだが……。

「寒かったわねぇ」

 いやぁ、まったく。甘く見てた、としか言いようがなかったね。
 とにかく座ってると地面から冷えて来ちゃって……。

「暇つぶしに持ってきたノートパソコンも、役立たずだったのよね」

 ああ、もう寒くて寒くて、じっとしていられなかったからねぇ。
 でもバトマコさんとか主星さんとか、この寒さの中寝てたんだよなぁ。

「あぅー、風邪ひかなかったのかなぁ」

 とりあえず大丈夫だったみたいだけど……うーん、これが若さかなぁ(笑)
 朝日が昇っても、並んで座ってる場所はビルの影になってるみたいで、全然暖か
くならないし。
 8時を回るくらいから、ようやっと日の光が当たるようになって、少しはマシに
なったけどねぇ。

「そういえば、途中トイレに45分も行ってたけど……」

 うー、思い出させないでくれ(--;
 あのトイレはひどかったのだよ……。


●12/26朝 入場開始。動く人の帯

 色々あったけど、ようやっと10時になって、入場が始まったんだ。

「あの時は壮観だったわよねぇ」

 まったく。まさに人の帯が動いてる、って感じだったからなぁ。
 これがホントに全員会場に入るのか? って思っちゃったよ。

「でも後で聞くと、もう10時45分頃には待たずに入れたんでしょ。何か待つの、
ばからしいわねぇ」

 いやいや、このわずかな時間が、欲しい物を手に入れたい人たちには重要なんだ
よ。……多分。


●12/26朝 入場した! ……けど、どうしよう?

 で、ようやく入場したわけなんだが……。

「あぅー、やっぱり人がたくさんねぇ」

 うん。まぁそういう場所だと覚悟はしてたから、それはいいんだけど。
 とりあえず、たかとりさんのブースに行って挨拶はした。
 七瀬さんと、猫蹴ぱとさんの所に行って、本も買った。
 ……あとやることがないんですけど(^^;;

「だからあんなに、ふらふらー、と会場の中、行ったり来たりしてたのね」

 うん。
 まぁ体力さえ有れば端から見て回る所なんだけど……いかんせん、徹夜ってのが
効いててねぇ。
 しょうがないから、結構長いこと、たかとりさんのブースにいて、来る人に挨拶
とかしてたよ。

「でも、Kanon関係のブースは一通りみたんでしょ?」

 うん、一応ふらふらー、と行ってはみたんだけどね。
 どうも『これは!』ってものがなくてねぇ。
 やっぱり事前の情報収拾は重要なんだと思ったよ。


●12/26昼 すぃ〜と・はぁと♪の売れ行きは?

 で、たかとりさんのところに居たんだけど、結構たくさんの人と会えたなぁ。

「そうね、チャットでしか会ったことない人、たくさん来たわねぇ」

 でも誰が来たか、なんてとこまで、覚えてないんだよな、これが(^^;;
 でもみなさん、すぃ〜と・はぁと♪を買って行かれて、嬉しかったです。

「そういえば、チャットと関係ない人たちも、買っていってくれてたんでしょ」

 うん。その場で表紙みて、中をちょっとみて、買って行かれる人たちもいて。
 嬉しいねぇ。
 最終的には全部で、90冊近くは売れたのかな?

「そういえば、かんちゃんに会いたい、って人も来たんでしょ?」

 そうそう。
 途中、お昼ご飯を食べに出てたんだけど、帰ってきたらたかとりさんから『しっ
ぽまこぴーの作者の人は居ませんか』って聞かれたっていわれて。
 うう、嬉しいやら恥ずかしいやら……。

「これも、真琴が頑張ってるからよね♪」

 うーん、まぁそういうことにしておこうか(笑)


●12/26午後 早々に離脱、秋葉原へ

 さて、やることもなくなったし、早々に離脱して、秋葉原に向かったんだ。

「やることない、ってのは判るんだけど……なんで秋葉原なの?」

 まぁ色々買いたい物もあったし。
 で、ここで問題なのがその時のメンバー。
 AyaさんとD2さんとD-Glassさんは覚えてるんだけど……。

「あぅー、また忘れたの?」

 うぅ、ごめんなさいぃ、あと二人はいたはずなんだけど(^^;;;

「ちゃんと謝りなさいよぅ。それで秋葉原で、なにしたの?」

 とりあえず、QOHを買おう、ってことになって。
 コミケで売ってたみたいなんだけど、実は秋葉原でもっと簡単に入手できる、って
ことでねぇ。

「そうそう。行ってみたら、どこでも売ってたんでしょ?」

 コミケ会場より500円高かったけどね。
 でも会場に行って、並んで買うくらいだったら、500円多く払って店で買うよ。
 そのあと、休めるところを探したんだけど、秋葉原にはなくて。

「そか。で早々と上野に向かったのよねぇ」


●12/26午後 上野の喫茶店で時間をつぶしてみましょう。

 上野に着いたけど、さてどこで時間をつぶそう……と周りをみると……。

「駅の建物の中に入ってる、喫茶店があったのよね」

 もうみんな疲れてたし、ここでいいや、と入って。
 とりあえず、この後は食べ放題が待ってるから、ってんで飲み物を注文して、あ
とはまったりと……。

「何の話、したんだっけ?」

 これまた覚えてない(^^;;
 まぁのんびりしてた、と。
 で、しばらくするとPHSに連絡が入って。

「そうそう、蘭丸さん……だっけ? どこにいるのかって聞かれたのよね」

 で、喫茶店の場所を教えて、蘭丸さんのグループも喫茶店に入ってきて。
 結局、その喫茶店、あんまり大きくないけど15人くらい、オフ会参加者がいた
のかな?

「あぅー、迷惑かけてごめんなさいでしたっ」

 おい、人聞きの悪いことを。ちゃんと静かにしてたもん。他人様に迷惑かけてな
いもん。

「だって……こんなに男ばっかりのグループが中にいたら、他の人入るの敬遠する
わよぅ」

 うぐぅ、確かに(^^;;


●12/26夜 全員集合! ……のはずなのに?

 ところが集合時間になって、全然人が集まらなくてねぇ。
 どうしたのかと思ってたら……。

「来栖さんから連絡があったのよね」

 あれ? たかとりさんじゃなかったっけ?
 まぁ連絡があって、どうも同じ名前の出口が、もう一つあるらしいってことで、
そちらに移動したんだ。
 そしたら……。

「凄かったわよねぇ」

 一応想像はしてたんだけどね。
 それでも40人弱、って人数は凄かったね。
 集団、ってより、群って感じだったからねぇ。

「でも時間になっても全員集まらないで、困ったわよね」

 そうそう。
 一部の人たちが時間になっても来なくて。
 結局絵描きさんの人たちが最後までこなくて。
 残念だったねぇ。


●12/26夜 そして始まる、宴会……なんだけど……。

 今回の会場は、すき焼き食べ放題の店を借り切ったんだよ。
 実に正解だったけど。

「そうよね、凄いノリだったもんね。他のお客さん居たら、絶対に迷惑、かけてた
わよね」

 とにかく、すき焼きを大量に食べたねぇ。

「すき焼き、っていうか、肉を、でしょ? 野菜も食べないと、体に悪いわよぅ」

 うぐぅ(^^;; 野菜は普段食べてるから大丈夫だ。多分(笑)
 で、すき焼き食べながら、ビール飲みながら、自己紹介とか。

「かんちゃん、ちゃんと覚えてる?」

 いーや、ちっとも覚えてない(爆)
 もうすいみん不足と、疲労と、ビールの酔いで、ぼろぼろだねぇ。
 ってわけで、説明できること、なーんにもなかったりするんだね、これが。

「あぅー、全然レポートになってないわよぅ」

 とりあえず唯一覚えてることは、ちゅうびんさんと一緒のテーブルだった、って
ことだけかな(笑)。


●12/26夜 そしてカラオケなんだけど……何を歌ったんだ(^^;;

 そのあとは定番のカラオケに行ったんだけど……。

「また忘れてるのぉ?」

 ご名答(爆)
 いやぁ、困ったもんだねぇ(苦笑)

「笑わないのっ!」

 まぁみんなの歌った曲のリストは残っていたから、それを参照してください。

 99/12/26 冬コミ後オフカラオケリスト


●12/26夜 これでお開き……かな?

 えーと、この後一部の人たちは来栖さんの家になだれ込んで、数日過ごしたみた
いだけど……。

「さすがにかんちゃんは、ちゃんと帰ったのよね」

 さすがに体力の限界です(^^;;
 いやぁ、さすがに体力の衰えを痛感するよ。

「さすがに懲りたでしょ」

 うん、ちょっと(^^;;
 やっぱり無理はできないねぇ。


●というわけで、後書き

 えーと(^^;; まず書くのが遅くなって、申し訳有りませんでした。

「まったくよっ。今更こんなのあげても、誰も見ないんじゃないの?」

 うぐぅ、でもまぁ揚げることに意義がある、と思うし。
 まぁかなり手抜きのオフレポになってしまって、ごめんなさいでした。

「あぅ、ごめんなさいっ」

 さて、次回は……どうなることやら……。

「また、楽しいオフ会、したいよね」

 


[戻る]